ライオン事務器 背パッドタイプ(ホワイトシェル) 肘なし No.1930F ブラック ミーティング用チェアー〈サテラ〉 品番34764 9cea1qsyt51239-オフィスチェア

全国配送可 会議イス フィトナ 防炎 MC-F63S2 OR (jtx 39507) プラスコクヨ オフィスチェア ベゼル アルミポリッシュタイプ ヘッドレスト&アジャストアーム ランバーサポート付き フレームカラー・ブラック 背座別色タイプ

計算科学研究機構 ソフトウェア技術チーム 熊畑 清 開発研究員

ミーティング用チェアー〈サテラ〉 ブラック 背パッドタイプ(ホワイトシェル) 肘なし No.1930F ■シリーズ名ミーティング用チェアー〈サテラ〉 ■製品寸法 幅(W)[mm]550 ■製品寸法 奥行(D)[mm]415 ■製品寸法 高さ(H)[mm]800 ■製品寸法 その他 ■製品質量[g]6800 ■色ブラック ■仕様●背・座シェル:PP樹脂成型品 ●クッション:座 スラブウレタン・チップウレタン/パッドタイプ背 スラブウレタン ●脚部:φ25.4mmスチールパイプ・粉体塗装(シルバーメタリック) ●キャスター:φ60mmナイロン双輪(ブラック) ※肘とメモ台は、オプションを利用して後付け、付け替えができます。 ■補足



より詳しい仕様、写真は、こちらのメーカー公式WEBカタログにてご確認下さい。バリエーション違いのご注文の場合も同価格で変更可能ですので、カタログをご確認頂きご相談ください(一部例外あり)。



ミーティング用チェアー〈サテラ〉 ブラック 背パッドタイプ(ホワイトシェル) 肘なし No.1930F ■シリーズ名ミーティング用チェアー〈サテラ〉 ■製品寸法 幅(W)[mm]550 ■製品寸法 奥行(D)[mm]415 ■製品寸法 高さ(H)[mm]800 ■製品寸法 その他 ■製品質量[g]6800 ■色ブラック ■仕様●背・座シェル:PP樹脂成型品 ●クッション:座 スラブウレタン・チップウレタン/パッドタイプ背 スラブウレタン ●脚部:φ25.4mmスチールパイプ・粉体塗装(シルバーメタリック) ●キャスター:φ60mmナイロン双輪(ブラック) ※肘とメモ台は、オプションを利用して後付け、付け替えができます。 ■補足

ライオン事務器 品番34764 ミーティング用チェアー〈サテラ〉 ブラック 背パッドタイプ(ホワイトシェル) 肘なし No.1930F
生命機能科学研究センター 網膜再生医療研究開発プロジェクト コーディ・カイム 基礎科学特別研究員 トラスコ リングレバー式作業用チェア 低反発ウレタンシート 背付 (1脚) 品番:RLC-2
ブログ更新をさぼっているうちに、元号が変わってしまいました(笑)。
1年振りの人間ドック&ブログ更新です。

令和の時代になっても、やることは同じ。
今年も健康診断の時期になりましたので、
人間ドック基本コースを受診しました。

項目は尿検査、身体測定、血液検査、骨密度・肺機能検査、視力検査、問診、心電図・聴力・腹囲計測、腹部超音波検査、胸部エックス線検査、上部消化管エックス線検査、眼底検査に加え、食事内容3日間分の記録を提出する保健相談と、一昨年、昨年とまったく同じ。

ありゃりゃ、文章がほぼコピペ。
ブログネタとしても、まったく変化がありませんが、ようやく重い腰を上げた年に一度のブログ更新。そこんところは、どうか、ご容赦くださいませ。
体重は約1kg減。おおむね検査数値は変わり映えがなく、唯一、私が興味を持てる項目は、人生三度目の骨密度検査のみ。
足のかかとを台にのせ、超音波で骨の密度を測定する検査です。
検査自体は最初に行うのですが、数値を教えてもらえるのは、コース終盤の保険相談時。
最近はホットヨガもろくに行ってないし、一人暮らしの食生活は貧相だし、この一年の身体の衰えがどう出るか……。
上席研究員研究室 石井分子遺伝学研究室 吉田圭介 特別研究員 不安まじりで栄養士さんが手にした検査結果を覗くと、超音波伝播速度は1585m/s
相変わらず、それだけでは、どうにもこうにもピンと来ない数値なので、標準値と比較して、結果を見ていきます。

若年者標準値の126%、同年齢標準値の140%!
標準値一覧表にある一番上の20代数値を上回ったばかりか、
なんと、3年目にして、自分史上、最高記録をたたき出してしまいました。

栄養士さんの「すごいですね。もう、この表には載っていない数値なんです。この年代になると、大抵の女性の骨量は毎年少しずつ減っていくのに、増えてますよ」というコメントに、思わず、顔がニヤけます。
40代にもなると、仕事でもプライベートでも、褒められることは、めったにありませんから~。
アルツハイマー病の進行に関わるタンパク質を発見した研究者 このミラクルな数値のおかげで、機嫌よくクリニックを後にしたマルミヤは、
昨夜からの絶食ストレスを吹き飛ばすべく、食べるモードに突入。

まずは、遅い朝食にホットサンドとカフェオレ。
お待ちかねのランチはサラダにスープ、パンと、メインのポークソテー。おまけに、プチバナナケーキと紅茶もついた充実のニュージーランド料理。
続いて、寺カフェ(禅寺がやってるカフェ。写真は二人分のメニューです)に移動し、どら焼き&冷緑茶のティータイムを満喫しました。

夜になり、根強く残るバリウムのダメージをお腹に抱えつつも、晩ごはんはウーロン茶を片手に焼き鳥7本と揚げ出し豆腐、焼き鳥丼、デザート代わりの厚揚げをペロリ。
さらに、帰宅してそのまま寝るならまだしも、夜中に小腹が空いて手を出したのは、ジャンキーなトルティーヤチップス1袋と、大量のアーモンド、クリニックで人間ドック土産としてもらった野菜ジュース。

こうなってくると、お腹の中が、もはやカオス。
健康なのか、はたまた不健康なのか、よくわからなくなってきます……。
まあ、暴飲暴食も、たまにはいいってことで(笑)。

来年もいい結果が残せるよう、明日から、地道に努力します!

開拓研究本部 伊藤ナノ医工学研究室 上田一樹 研究員

G: けいはんな地区(けいはんな学研都市) Baron(バロン) ローバック ポリッシュフレーム 可動肘 座メッシュ 【送料込み】 【10P04Jul11】
1年振りの人間ドック。
ブログ更新はというと、ありゃ、10カ月振りですね……。

昨年同様、勤務先の健康診断として、人間ドック基本コースを受診しました。

項目は尿検査、身体測定、血液検査、骨密度・肺機能検査、視力検査、問診、心電図・聴力・腹囲計測、腹部超音波検査、胸部エックス線検査、上部消化管エックス線検査、眼底検査に加え、食事内容3日間分の記録を提出する保健相談と、昨年とまったく同じ。
「和光市民大学2019」にて講義を行いました アイコ ビジネスチェア OA-2115AJ FG3 BK違いといえば、最近、風邪を引いてかなり喉がやられていることと、ちょっと太り気味なこと。
唾を飲みこむのも痛いのに、発泡剤、さらにはバリウムを一気に飲まなければならないのが、一番の難関でした。
体重は前回から1kg増。
このところ、ホットヨガにも行けてないので、身体が重くなっているのを実感します。

そんななか、風邪っぴきでイマイチな気分を吹き飛ばしてくれたのが、人生二度目の骨密度検査。足のかかとを台にのせ、超音波で骨の密度を測定する検査です。

SACLAで膜タンパク質が構造変化する過程を見た研究者コクヨ品番 CR-G2701E1G9T4-WN 回転イス グーフォ ロー肘付き 私の骨の超音波伝播速度は1578m/s

この数字がなかなかのもんなのは、前回結果(1575m/s)で学習済み。
若年者標準値の122%、同年齢標準値の135%。
標準値一覧表にある一番上の20代数値をも上回るんです、これが(笑)。

保健相談時、栄養士さんが発したコメントは「中高生のころ、何か運動、部活とかされてました? 陸上、バスケットボール、バレーボールとか、成長期によく跳んだり跳ねたりしてた人は、こういう数値が出るんです」

マルミヤの場合は、中学時代にやっていたバレーボールが一つの要因なのかもしれません。
朝も放課後も、土日も練習。「ザ・昭和」の運動部に入っていたメリットが、この歳になってようやく出てきました。
食生活についても大きな問題はないようで、栄養士さんから「検査結果の数値もきれいですね」とお褒めの言葉をいただき一安心。

一般的には、40代からの骨量は毎年少しずつ減少するということを忘れずに、骨量の維持に努めたいと思います。

脳科学総合研究センター 脳統合機能研究チーム 佐藤多加之 研究員

創発物性科学研究センター 量子機能システム研究グループ 中島峻 研究員 アイコ ビジネスチェア OA-2115BJ FG3 DGN
先月、ほぼ1年振りに歯医者で検診を受けたところ、前歯の裏側に小さな虫歯が見つかりました。

バイト生活が忙しくなったこともあり、歯医者通いをさぼっていたのですが、虫歯となれば話は別。自覚症状はなくとも、早めに治療してもらわなくてはなりません。

16時という微妙な時間に予約が取れたので、ホットヨガ後に歯医者に直行。
「和光市民大学2019」にて講義を行いました
5分前に到着し、受付に診察券を出したところ、なぜかまったく反応がありません。

しばらくして出てきたのは、なんと先生!
歯科衛生士さんの姿もなく、どうやら本日は一人営業のご様子……。

ライフサイエンス技術基盤研究センター 分子ネットワーク制御イメージングユニット 向井英史 ユニットリーダー 当然のごとく待ち時間が長くなり、雑誌を読んで暇つぶしをしましたが、いざ治療が始まると、小さな虫歯部分を削って白い樹脂を詰め、あっという間に治療が終わりました。

本日の治療費は1510円。
「なんか、先月の検診&クリーニング代2080円よりもお安いんですが、先生、この計算、合ってますよね」と心のなかでつぶやきつつ、きっちりお支払い(笑)

来週は歯医者もお盆休みとのことで、次回治療はお盆明け。茶渋などの着色汚れをきれいにするそうです。

いいなあ、お盆休み。
私の来週の休みは1日のみで、後はひたすらバイト生活ですが、きれいな前歯を見せてニッコリ笑い、なんとか繁忙期を乗り切りたいと思います。

テラヘルツ量子カスケードレーザーを開拓する研究者

ご無沙汰しました!
ほぼ半年振りのブログ更新です。

相変わらずのバイト生活。
帰省時は家事と育児に明け暮れる日々。たまに旅に出る以外、大した変化はございません(笑)。
本日、勤務先の健康診断として、人間ドック基本コースを受診しました。
前夜は20時以降、飲食禁止。
くいしん坊マルミヤにとって、この食べられない時間が一番ツラいのは言うまでもありません。

項目は尿検査、身体測定、血液検査、骨密度・肺機能検査、視力検査、問診、心電図・聴力・腹囲計測、腹部超音波検査、胸部エックス線検査、上部消化管エックス線検査、眼底検査に加え、食事内容3日間分の記録を提出する保健相談まで盛りだくさん。

SACLAで膜タンパク質が構造変化する過程を見た研究者 ノーリツイス 導電チェア 背付タイプ 導電双輪キャスター 導電ビニールレザー張り TL-EH17L上部消化管エックス線検査(バリウム検査)はおそらく3年ほど受診していなかったので、少しばかり緊張しましたが、無事におよそ3時間で検査が終わりました(最初の1時間はほぼ待ち時間…)。

今回、人生初体験となったのが骨密度検査
足のかかとを台にのせ、超音波で骨の密度を測定します。

保健相談時、栄養士のかたから測定結果の説明を受けたのですが、私の骨(あくまでかかとですが)の超音波伝播速度は1575m/s
数値を見ても、いいのか悪いのかさっぱりわかりませんでしたが、栄養士さんが発した「すばらしいですね」の一言で、私のテンションも一気にアップ。

若年者標準値の121%、同年齢標準値の133%。
アルツハイマー病の進行に関わるタンパク質を発見した研究者 標準値一覧表にある一番上の20代数値をも上回る驚きの結果に!
牛乳はそんなに好きじゃないんだけど、豆製品を食べてるからかなあ。

1年半前の健診で、採血してくれた看護師さんに血管を褒められたことは、以前、ブログでご報告したかと思いますが、もしかして私、骨もけっこうイケてる?

この度、まつ毛、歯のエナメル質、爪、血管に続き、「骨」が、「生まれてこの方、褒められたところリスト」に加わりました。
全体の容姿はともかく、やっぱり私、細胞レベルでは、けっこういいモノを持っているのかもしれません(笑)。

「あなたの骨密度は、若年者の標準値に比べて同等以上といえます。しかし、40代からの骨量は毎年少しずつ減少し、特に女性の閉経後数年間は急激に減少することがありますので、適度な運動やカルシウムの摂取に心掛け、骨量の維持に努めましょう」
骨密度測定結果のコメントを胸に、今日はあれこれ食べちゃおうと思います~。

Tel: 048-462-1111 / Fax: 048-462-1554 (本部代表)

究極のドラッグデリバリーシステムを目指す研究者 オカムラ オプションパーツ カロッツァ 専用ハンガー 昇降機能付き ミディアムグレー CK926Y-G272
開拓研究本部 伊藤ナノ医工学研究室 上田一樹 研究員 アイリスチトセ/IRISCHITOSE ミーティングチェア ライタス4 布張り オレンジ LTS4FOG(4360044) JAN:4905865962356
4カ月振りのブログです。
あまりにご無沙汰で、もはや更新の仕方を忘れかけております(笑)。

2016年も師走ということで、ここ数カ月を振り返りますと……、
9月/ひたすらバイト。合計7日間しか休んでない。
10月/支給されたばかりの有給10日分をいきなり使い切るも、休日は実家の手伝いで、実質、休みは2日間。
「欧州事務所開所一周年記念シンポジウム」を開催しました 11月/中旬までの休日は実家の手伝い。下旬に風邪を引き、たまの休みは寝て過ごす。
12月/風邪が治らず咳が止まらないため、数日、時短勤務になったのがせめてもの救い。繁忙期に人手不足のため、ハードな遅番勤務が続く。
大したことはしてませんが、なんか、よく働いた気がします。

そして、本日は12月、最初で最後のジム通い。
ホットヨガの前に、体組成測定結果」をプリントしました。
筋肉量は、36.20kg。

相変わらず、体調は最悪レベルなのに、目標数値「36.00kg」をあっさりクリア!
ジムの会費がもったいない日々ですが、結果を出したので、よしとします。

さて、この後、待っているのは、人生初の仕事漬け年末年始(元旦のみ休業)。
なにはともあれ、無事に年を越せればいいなと思います。
みなさま、よいお年を~。

環境資源科学研究センター 統合メタボロミクス研究グループ 中林亮 研究員

開拓研究本部 Kim表面界面科学研究室 今田裕 研究員
生命機能科学研究センター 網膜再生医療研究開発プロジェクト コーディ・カイム 基礎科学特別研究員
久々に予定のない連休(自分で希望休を出していないものの、シフト調整上、連休になったということです)。

2日目の今日は早起きに成功したので、30分間の朝ヨガ後、2カ月ぶりに体組成測定結果」をプリントしました。
筋肉量は、36.35kg。

前回、引き上げた目標数値「36.00kg」をあっさりクリア!
Tel: 078-306-0111 / Fax: 078-306-0101 (神戸事業所代表) 体重は横ばい。体脂肪率はまたも過去最低を更新(二の腕のぷるぷる脂肪は一向に減らないけど)。
上席研究員研究室 石井分子遺伝学研究室 吉田圭介 特別研究員
先月は2回しかホットヨガに通えなかったのに、腕、足、体幹部と、全体的に筋肉量が少しずつ増えています。
恐るべし、「猛暑における立ち仕事効果」……。
ただし、筋肉量左右バランスが右に偏ってしまい、手首、足首、膝に多少の痛みがあることから、これ以上、右手、右足を酷使しないよう、気をつけなければいけません。
8月に入って気温が高い日が続いたためか、バイト先では、体調を崩すスタッフが続出。
私も夏バテ状態の日が数日、続きましたが、一応、いまだ無遅刻、無欠勤。
多少のミスに目をつぶれば、我ながら、よくできたバイトだよなあと思います(笑)。

健康管理も仕事のうち。
今月は自分を甘やかして、とにかく体調を整えよっと。

という訳で、筋肉量の目標は引き続き、36.00kg
好きなものをあれこれ食べて、エネルギー補給します~。

光量子工学研究センター テラヘルツ量子素子研究チーム 林宗澤 研究員

平日のお得プランで、ちょっといい温泉旅館に泊まってのんびりしたい。
そんな野望を叶えるときが、ついにやってまいりました!
相変わらず貯金は減る一方ですが、「思い立ったら吉日」ということで、そこは目をつぶる(笑)。

今回の目的地は修善寺
東京駅でお弁当を買い、「昭和」な車両の特急「踊り子号」&普通電車で修善寺駅に向かいます。

修善寺駅からは路線バスに乗り、終点の修善寺温泉へ。
15時のチェックインにはまだ時間があるので、先に宿周辺を観光をすることにしました。

まずは「修善寺」。弘法大師空海が807年に開いたと伝えられているお寺です。
ちなみに、手水舎の水が温泉!

夫婦杉の大木がある日枝神社へ。この時期は、あじさいの花がきれいです。

竹林の小径。ガイドブックっぽい写真になりました。

やや曇り空ですが、竹が青々としてきれいです!

温泉街を流れる桂川には、朱色の橋がいくつか架かっています。

本日のお宿は老舗旅館「湯回廊 菊屋。桂川を眺めながら、冷茶とゼリーをいただき、チェックイン。

と、ここで、カメラ女子は早くも終了。
後は、夢のぐうたら生活に入ります。
作務衣姿で大きなベッドに横になり、ゴロゴロ。
温泉に入って、ひたすら食べて寝る……。

夕食は美しい前菜の数々にはじまり、御造り、鱧の天ぷら、仔牛のサルティンボッカ、マトウ鯛の煮つけなど、豪華な会席料理。
さらに、この宿ならではのサービスとして、お風呂上りに乳酸菌飲料、夜食に夜泣きそばが無料でいただけるのもうれしいところです。

我ながら、「浴衣姿ではんなり」とはほど遠い女子力の低さにあきれ返りますが、食いしん坊精神だけはいかんなく発揮し、たまの贅沢を満喫した1日でした。