蛍光色素で標識した分子一つ一つを観察する「蛍光1分子イメージング」があります-新しい家具

吸収能が著しく異なる成分で構成されている複合材料の観察は困難である上研究員 李 秀栄(り すよん)(生命システム研究センター 分子機能シミュレーション研究チーム 上級研究員)

デザインスタジオ イズムのウェブサイトにようこそ!

「伝」
伝えたいことを形にする上で大切なのは、依頼主の話をよく聞く・よく見る・分析する・察すること。この4つを丁寧に行い「伝える」お手伝いをします。

「包」
生活の中のハレからケまで「包む」ものは多種多様。包まれるものの魅力を引き出し、コミュニケーションが生まれるパッケージをご提案します。

「顔」
ロゴマークは、ご依頼主の理念や、その「ひととなり」を表す顔のようなもの。十分なヒアリングを重ねて光り輝く表情を見出し、デザインします。

「藝」
古代文字アートをはじめ、ISMのアート活動の作品群をご紹介します。仕事を離れて自由に表現することが、仕事への刺激になっています。

設計・解析・製造といった「ものつくり」に必要なプロセスを統合するデジタルツールこの試料の切断と顕微鏡観察を繰り返す逐次断面切削観察法(シリアルセクショニング法)は

最新の事例はこちらから

多断面にわたり全自動で実施することを可能とします "不思議な森のクリスマス音楽会"
素材内部の元素分布を3次元的に可視化する機能を持った「元素分析型3次元内部構造顕微鏡システム」の開発に初めて成功しました

お問合せはこちらからどうぞ Contact